Skip to content

TOEICの勉強を始めるビジネスパーソンが増えた

昔は仕事を一生懸命して、会社に貢献すれば昇進できました。しかし、最近はそれだけでは昇進できないと言う企業も多いです。昇進の条件の一つに、英語が話せることと言うのが入ってくるようになりました。大企業ではこの傾向が強いです。TOEICのスコアが必要になったと言う声も少なくありません。TOEICの勉強を始めるビジネスパーソンも増えてきました。学生の頃、英語が苦手だったと言う人は、良いスコアが取れるかどうか不安でしょう。しかし、中高生レベルの英語力があれば、意外と良いスコアは取れます。大学レベルの英語力が必要と言うわけではありません。初心者はまず600点以上を目指すことと言われていますが、それにはリスニングに重きを置かなければいけません。リスニングを中心に勉強すれば、割と短期間でスコアを伸ばすことができるでしょう。

TOEICにはテクニックが必要

TOEICで高スコアを取ることはかなり難しいと言われています。出される問題も難しいものが多いと思われていますが、決してそんなことはありません。中学校や高校で習うレベルの問題がメインで、英検と比べればかなり易しいと言えるでしょう。とは言え、誰でも高スコアが取れるわけではありません。TOEICは問題数が多く、ゆっくり解いていては時間内に終わりません。素早い処理能力と判断力が必要になってきます。そこが、難しいと言われるところです。ゆっくり考えれば解けるのにと思っている人が少なくありません。ですから、テクニックが必要になってきます。TOEICはテクニックがあれば意外と高スコアが取れると言われています。出題パターンのクセを掴み、対策をするようにしましょう。最初は、リスニングの勉強から始めるのが基本です。

TOEICで600点取るコツ

TOEICは990点が満点ですが、最初から満点を目指していては挫折する可能性が高いです。何事も段階が大事ですから、まずは600点を目指すようにしましょう。しかし、リスニングとリーディングで300点ずつ取ると言う考え方は捨てることです。リーディングよりもリスニングの方が点が取りやすいので、リスニングをしっかり勉強し、リスニングで350点を取ると言う風に考えましょう。リーディングは250点で構いません。この考え方の方が精神的に楽ですし、600点も取りやすいです。ただ、リスニングの問題は読み上げるスピードがかなり速いと言う特徴があります。ペースも速いので、考え込んでいる間にどんどん進んでしまうわけです。混乱することも少なくありません。分からないと思ったら考え込むのではなく、捨てるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*