Skip to content

TOEICの試験概要

TOEICは英検とどう違うのか、どちらも受験した経験がない方、あるいは片方の受験経験がある方は気になっても仕方ありません。明らかな違いがあります。TOEICにはリスニングはありますが対面で英会話をする試験がなく、完全に筆記と聞き取りの試験です。よって、リスニング力、英単語と英文力の3点の強化に集中して対策が出来ます。また、年に8回くらいと、英検よりも頻度が多いので都合を合わせるチャンスが設けられているのも良い所です。また、スコア制なのも級で分かれている英検と異なる部分です。リスニングに関してはTOEICではリーディングと同じく5割の問題数なので結構重要になってきます。受験してみたいと思ったらまず試しに自分が何点くらいいくのか試してみると良いですよ。スコアを毎回伸ばすのは、モチベーションを維持しやすいです。

TOEICを受験する人が増えている

英語力テストと言えば実用英語技能検定が有名でしたが、現在ではTOEICの方が受験者数が多いです。2013年に逆転したと言われており、受験者数はほぼ毎年過去最高を更新し続けています。こう言うテストは学生が受験するものと言うイメージがありますが、そんなことはありません。最近はビジネスマン、ビジネスウーマンの受験者がかなりの勢いで増えてきています。しかも、任意ではなく必ず受けなくてはいけないと言う企業も増えてきました。これからますます企業のグローバル化は進むと考えられています。グローバル化が進めば、当然英語が話せないと話になりません。英語が話せる社員がたくさんいるかいないかで、会社が生き残れるかどうか決まってくると言ってもオーバーではないです。社会人ならTOEICは勉強しておかなくてはいけません。

TOEICは意味がないと言う人もいるが

今や、TOEICは多くの人に浸透しています。受験者数も200万人を超え、今後も増えていくと言われていますが、あまり意味がないと言う人も少なくありません。TOEICと言えば、リーディングとリスニングのテストです。しかし、運営会社はライティングとスピーキングのテストも用意しています。だた、ライティングとスピーキングのテストの受験者数は、2万人に届きません。そう言うこともあって、リーディングとリスニングの点数が良くても、話せないと言う人がいます。その点が、意味がないと言われる所以です。しかし、それは大きな誤解と言えるでしょう。実際、ライティングとスピーキングのテストを受けていなくても、海外で活躍している人は多いです。リーディングとリスニングのテストしか受けていないのに、英語が話せると言う人はたくさんいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です