バセドウ病 専門医 東京

どのような東京のバセドウ病専門医が合っているのか解説します

バセドウ病を疑う場合に専門医を東京で探す人も多いと思いますので、探し方などをご紹介していきます。先ず受診する際に何科を受診するのかというのは内科もしくは、内分泌代謝内科の専門医を尋ねるのが良いです。ただ専門医の中には糖尿病が専門の方もいらっしゃるので、事前に甲状腺の専門医である確認しておいて下さい。バセドウ病とは甲状腺の病気である事はご存知でしょうが、その症状は他の様々な病気と間違いがちな部分があります。例えば糖尿病の特徴でもある、血糖値が上がったり尿から糖が出たりス症状や、貧血の特徴でもある疲れやすいや皮膚の色が青白くなるなどの症状があります。また、興奮しやすいや、直ぐにイライラしてしまう躁うつ病の症状も実はバセドウ病の症状の一つである為、安易に自身で判断しない事が重要です。

バセドウ病の専門医を東京で探す前に

バセドウ病の専門医を東京で探す前に、バセドウ病は女性に多い甲状腺の病気なので、確認して欲しい事があります。若い人なら首に腫れが現れたり食欲が急に増したりするなどの症状があります。年配の方だとそれに加えよく食べているのに痩せてしまうという症状や、不整脈が出るという方もいます。また全体に言える症状としては多数ありますが、指先の震えや汗をかきやすい、水を沢山飲んでしまう、疲れやすく下痢になりやすいなど様々な症状があります。何故これらを紹介したのかと言いますと、先程もお話しした通りバセドウ病は他の病気と間違いやすいという点があるからなのです。専門医を探しているという段階ならバセドウ病の診断があるのかも知れませんが、そうではない場合には他の病の可能性も視野に入れる事をお教えしておきます。

バセドウ病の専門医を尋ねる前に心配な事を無くしておく

バセドウ病の専門医を東京で探す方の中には、女性でこれから妊娠や出産を考えている方もいらっしゃるでしょう。そういった方の最も心配する事は、果たしてバセドウ病で妊娠や出産ができるのかというところでしょうが、これには全く問題はありません。きちんと治療を受けていて甲状腺ホルモンの濃度というのが正常値で保たれていれば、不妊の原因になるという事もありません。また、甲状腺ホルモンの値が極端に高くなっていたり低くなっていたりする場合に、流産や早産の原因となる可能性はありますが、これも適切な薬の使用でホルモン値を正常にしていれば問題はありません。更に甲状腺機能が亢進している場合のバセドウ病の方であれば、妊娠4ヶ月から5ヶ月で症状が落ち着いていき、薬の服用が必要なくなる事もありますので、心配せずにゆったりとした心がまえでいる事が大切です。